アイキララで色素沈着を改善|知らないと危ない話とは

アイキララで色素沈着を改善|知らないと危ない話とは

アイキララは目元の色素沈着のケアも可能なのか

アイキララは目元の悩みをケアする為のアイクリームです。

 

その目元の悩みの一つで色素沈着(茶クマ)がありますよね。

 

 

茶クマで目元が暗いと顔の印象もだいぶ変わってしまうので困りものです・・・

 

そこで皆さんはこの悩みを解消すべくアイキララを検討しているのだと思います。

 

 

アイキララ 色素沈着

 

 

この商品の公式サイトでは目元の皮膚痩せのケアとの説明がありますが、

 

『じゃぁ茶クマには使う意味はないのか?』

 

 

ここが皆さんの気になるところではないでしょうか。

 

今回はこの事について私が調べてみた事をお伝えしていきます。

 

 

アイキララは色素沈着には使う意味がない?

 

茶クマのケアとなると、皆さんがまず思い浮かぶのは美白ケア等ではないでしょうか。

 

これは一見重要そうな事ですが、根本的な解決にはなりません・・・

 

 

では色素沈着に必要なケアは?となると、それは肌の新陳代謝の活発化になります。

 

 

アイキララ 色素沈着

 

 

これは結構知らないという方が多いのですが、実はコラーゲンには肌の新陳代謝を高めるという効果があります。

 

という事は肌からコラーゲンが減少していると、新陳代謝そのものが悪くなっているという事なのです。

 

 

何故色素沈着というキーワードに対しこの新陳代謝やコラーゲンが出てきたのかと言うと、

 

色素沈着のケアには新陳代謝の活発化が必須になるからです。

 

 

そしてその新陳代謝の活発化に対して必要になるのが、しっかりと肌にコラーゲンを留める事なんです。

 

 

アイキララにはMGAというビタミンC誘導体の1種が含まれており、これには肌にコラーゲンを留めておくという働きがあります。

 

その働きによりコラーゲンがしっかり肌に留められている事で、肌の新陳代謝の活発化を促すのです。

 

これが色素沈着のケアには必要不可欠な要素となっています。

 

 

肌のターンオーバーについて

 

新陳代謝を促す事はターンオーバーを促す事と同じ意味になります。

 

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりを意味し、これは年齢・男女関係なく皆にあるものです。

 

 

私達の肌は常に新しい細胞が生まれていて、一定のサイクルを経て新しい細胞が表層を覆っています。

 

その際に古い肌細胞は肌の表層から剥がれ落ちるのですが、これは年代で周期が多少異なります。

 

 

アイキララ 色素沈着

 

 

20代では約28日、30代以降では約45日とされているのが一般的ですが、実はこのサイクルはその人の生活習慣でも変わってきます。

 

生活習慣の乱れはターンオーバーの乱れ、そしてその乱れが色素沈着である茶クマの原因となると言っても過言ではありません。

 

 

それに茶クマが出来る方というのはやはりこのターンオーバーが乱れているので、ターンオーバー自体を正常化させないといけないのです。

 

 

このターンオーバーで古い肌細胞は肌の表層から剥がれ落ちます。

 

要はココで色素が沈着している細胞をも肌の外へ追いやろうというのが色素が沈着している際のケアになります。

 

 

なのでアイキララで新陳代謝を活発化させるというケアが、こうした事に繋がるという事です。

 

 

アイキララ・色素沈着に関してのまとめ

 

アイキララは目元の悩みをサポートする為のものです。

 

 

色素沈着には一見美白等のケアが必要だと思っている方も多いですが、

 

実のところ一番必要なのは新陳代謝の活発化でした。

 

 

  • MGAという成分が肌にコラーゲンをしっかり留めて新陳代謝を活発化させる
  • 新陳代謝の活発化はターンオーバーを促し正常化へと向かわせる
  • 色素が沈着している細胞は肌の表層から外へと追い出す

 

 

こうしたケアが色素沈着に対して必要なケアとなります。

 

アイキララではこうしたところもサポートしてくれるので、一度ケアをしてみる事をお勧めします。